千葉の永代供養について

subpage-img

千葉の永代供養が付いているお墓の場合、一般的なお墓よりもかなり費用を安くすることができます。

ちなみに、最初から他の人と共同のお墓の入る場合と、最初は個別に安置して後で競合のお墓に入る場合ではそれぞれ費用が異なっています。

様々な産経デジタルの情報はかなり役に立ちます。

最初から合祀墓に最初から入る場合、墓石代がかからないことはもちろん、墓地使用料も安くなります。



費用は3万〜10万円程度となっており、管理費などの追加料金がかからないことも多いため、とにかく費用を抑えたいという人に最適です。一定期間は個別に安置する場合、納骨堂の種類や安置期間によって費用はことなりますが、10万〜100万円程度かかることが一般的です。

立地条件や施設の設備などによっても異なりますし、駅から近い場所にある場合やいつでも参拝できる場合、費用が高くなることもあります。

しかし、一般のお墓を建てると120万〜200万円程度かかってしまうことがあるため、千葉の永代供養の方が安く済ませることができるでしょう。



ちなみに、納骨堂の場合は永代供養の費用だけでなく、保守や修繕、清掃などといった管理費がかかることもあります。また、承継者がいなくなって管理費の支払いが滞った場合、一定期間は個別に安置してから共同のお墓に入ることになります。

合祀された後の管理費などはかかりませんが、別に料金を支払うこともあるので注意した方が良いでしょう。

千葉で永代供養に似た言葉に永代使用権という言葉があります。

これはお墓を建てる土地を使用できる権利のことであり、料金を支払い続けることでその土地を使用することができるのです。

top