千葉の永代供養墓のことならば

subpage-img

千葉の永代供養墓にはいくつかの種類がありますが、お骨をどうやって納骨するのかによってもいくつかのタイプに分類されます。

日本経済新聞情報を集めているサイトです。

永代供養墓に納骨する場合、遺骨を骨壺から出して埋葬する合葬という方法があり、地域によっては普通のお墓に納骨する際にも骨壺から遺骨を出すという風習があるため、そのような地域においてよく行われています。千葉で最初から合葬する場合は費用が安く抑えられており、合葬という言葉は一つの納骨室に複数の遺骨を骨壺のまま安置する場合にも使われることがあります。骨壺のまま安置するという方法の場合は期間が定められていることが多く、その期間が経過したら骨壺から遺骨を出して合葬することになります。



最も多いのが三十三回忌までという期間であり、三十三回忌を迎えることで完全に成仏するという考えがあるためです。

日本の仏教的な考え方が反映しているということですが、30年も経てば故人を覚えている人もいなくなるという慣習上の見方の影響もあると言われています。



骨壺で安置する年限の設定には三十三回忌だけでなく三回忌や七回忌、十三回忌、十七回忌、五十回忌などがあり、中には半永久的に骨壺で安置するという千葉の永代供養墓もあります。


また、分骨という方法を採用している寺院もあり、これは遺骨の一部を収めた骨壺を一定期間あるいは半永久的に安置し、残りの遺骨を合葬するという方法です。


納骨方法にもいろいろあることを知っておきましょう。


top